記録に残したい

寒い日々が続いていますね。さて先週は、大人の生徒さんの録画とレコーディングの会が続きました。→(過去記事)「大人の録画会」撮った動画は、生徒さんのご希望に応じてLINEからやUSBメモリーなどでデータをお渡ししています。初めての録画会からすでに1年半近く経っていますが、コンスタントに6、7曲ストックができている方もいらっしゃいます。そして、感心するのは回を重ねるごとに、確実にスキルがアップしていらっしゃる事で...

楽譜もデジタル化

こちらのブログは、たまにレスナーの方も覗いて下さるようなので、今日はそちら向けの記事を…私は楽譜を見るアプリとしては基本「piascore」を使っていますが、何となく楽譜の全景(複数ページ)が見えていないと落ち着かないタチなので、まだ紙の楽譜を使うことが多いです。昔から「映像の記憶」で暗譜するタイプなのでして…「このページのこの辺に書いてあったなぁ…」…とか。しかしここで、iPadのメモアプリ「GoodNotes5」を、レ...

2023年 あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。去年の元旦の空は、あまりに青くて単なるブルーのバックにしかならなかったので、今年は少し、木を入れてみました。お散歩中に撮った、本日元旦の青梅の空です。今年も皆んなと、楽しくも深い音楽の世界を存分に楽しみたいと思っています。...

今年のブルグミュラーコンクール

今年の秋以降は、発表会に、コンクールに、オプションレッスン…と、目の回るような忙しさでした。いよいよ世の中が回りだした様な感覚があります。もちろん未だ、感染対策は気が抜けないのですけど…。少し控えていた色んなステージも、今年は生徒さんのペースによって、少しずつトライしています。発表会については、また後日ゆっくりと。という事で、秋から数名が挑戦していた今年のブルグミュラーコンクール。このコンクールは生...

今年最後の奏法研究会

月に一度の奏法研究会。人生、これが楽しみでがんばっていると言っても過言ではありません(笑)今年最後の研究会。スタジオはすっかりクリスマス仕様です。とっても可愛いので、開始前に撮影…今年の総まとめと、今までの基礎がための回でした。指先のコントロールに始まり、手首、腕…そして身体へと意識を変えていきますが、そこにさらにバリエーションが加わり…って、いったい何通り、練習するの⁉︎でも、すべての音色はことごと...

第20回リトルコンサート開催しました

11月23日、第20回を迎える「リトルコンサート(発表会)」が福生市民会館で無事、開催されました。お写真はまだ出来ていないので、とりあえずは当日リハーサルの模様を…。さぁ、10日前のリハーサルの経験を活かせるでしょうか⁉︎トリオのゲネプロ。徐々に拡がりつつあるコロナ禍に、前もっての顔合わせが出来ず、この日が初対面のミュージックベル組。「?????」…まだ、事態がのみこみきれていないご様子…(笑)一人一人で何度も...

室内楽体験レッスン

いよいよ発表会が近づき、今回のアンサンブルステージのテーマ、「ヴァイオリンとチェロによる室内楽体験レッスン」のリハーサルを教室で行いました。久しぶりの、プロの方々との共演。本番も大事ですが、リハーサルでの時間は実りが大きいので、無理を言って、お時間を長くとっていただいています。(プロのお二人、ごめんなさい!)間近で聴ける弦の響き…。教室に甘い響きが充満し、生徒さんたちを、さらなる音楽の高みへと連れて...

真珠の粒

すこしデジタル系のお話が続いたので、今度はクラシック寄りの方向で…「真珠の粒のように」とは、よくピアノのレッスンで聞かれる言葉です。モーツァルトなどをはじめとする古典期やロマン期の作品などの速いパッセージなどで、キラキラした粒の揃った真珠のような音で弾けることは「美しい演奏」の必須条件とされています。ですのでレッスンでは「ここは粒をそろえて弾きましょう」となり、「ではリズム練習をしておきましょう」...

GarageBand体験レッスン 第二弾!

さて夏休みも終わろうとしていますが、私にとって、この夏は多岐にわたるレッスンのあれこれ、秋に開催の発表会やコンクールの準備などに追われ結局はぼぉ〜っとする休みは1日もなく…まぁこんな夏休みも良いでしょう(…うそ)さて、お伝えしているGarageBand体験レッスン、第二弾を夏休みに開催しました。今回のお題は「キーボードで入力」GarageBand自体のウリは「楽器が弾けなくても作曲できる!」ですが、もちろんそれは、ほんの...

初夏のリサイタル

私の中では、初夏の恒例となっている師匠ラファエル・ゲーラ先生のリサイタルで、今年も東京文化会館に訪れました。夕暮れの上野公園をほんの少し散歩しながら、開場を待つのは、大好きなひとときです。リサイタル今年取り上げられたのはイザック・アルベニス、それからマヌエル・ポンセを筆頭とするメキシコの作曲家たち。オープニングは四季 op.201 (アルベニス)こういう作品を紹介してくださるのが、面白いのです。研究会でも...